加工1

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発の安全性と東京電力の法的責任について。 - 2012.06.24 Sun

 最近、どこへ行っても「原発」についての意見を聞かれる。国民の原発に対する関心は非常に高いようである。私は以前このブログでも述べたように「原発維持論者」である。その根拠は過去の記事(「「原子力ムラ」は破壊すべきだが、「脱原発」は間違い!」と「今のままでは、尖閣諸島が武力行使を受ける。」)に譲るとして、ここでは今回の原発事故の法的責任は国にあるということを記しておきたい。

 3・11東日本大震災以降、国もテレビも新聞も国民の多くも、福島第一原発の事故の責任は東京電力にあるとして、東電の責任追及をしてきた。確かに「原子力村」と呼ばれる癒着構造があり、巨大な利権集団が変わらないことに対する国民の怒りは当然あってしかるべしだと思うが、それはそれで改革していかなければならないとしても今回の原発事故の責任は、東電にあるとは言えない、と私は考える。

 その根拠として、かねてから国が定めている法律の中に「原子力損害の賠償に関する法律」というものがあって、その第3条の1項には次のようにある。

 「原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない」(3条1項)

 従って、問題は今回の東日本大震災が「異常に巨大な天災地変」に該当するかどうかである。

 この点について、民主党政府の枝野官房長官(当時)は次のように述べている。

「異常に巨大な天災地変または社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでないと例外規定があるが、1961年の国会審議で、異常な天災は人類の予想していない大きなもので全く想像を絶するような事態と説明されている。国会などでも(今回のような)津波によって(原発が事故に)陥る可能性について指摘されており、(今回の震災は)大変巨大な地震だが、人類が過去に経験した規模」

 つまり、今回の東日本大震災は法律の言う「異常に巨大な天災地変」に「該当しない」、従って一切「国には責任が無い」と答弁しているのである。

 しかし本当にそう言えるだろうか。

 原子力発電所は、資源エネルギー庁の特別機関である「原子力安全・保安院」及び、内閣府の審議会等のひとつ「原子力安全委員会」の2次審査(ダブルチェック)で監視、監査されている。そしてその国の2つの機関が共に福島原発を「安全」と判断していたから、福島原発は稼動できていた。仮に政府が言うように、今回の地震が「予測できた範囲」というのなら、政府の責任で東電に「安全ではないので稼動を許可しない」と通達すべきではなかったか。「安全」だと判断し稼動を許可しておいて、事故が起こったら東電の責任と言うのであれば、「原子力安全・保安院」や「原子力安全委員会」はいらないのではないか。

 こうした一連の政府の対応について、私には、民主党政権に対する批判をかわすため、東電に責任を押し付けているようにしか見えない。国会で過去の震災の経験がかねてから指摘されていたのであれば、原発稼動の許認可権限を持つ政府がその経験を元に「安全基準」を作るべきではなかったのか。

 あくまでも私は、東電を解体して原発を国有化すべきだと考えているので、東電を温存すべきだという論者とは一線を画すが、先に挙げた根拠を持って、福島第一原発の事故の賠償責任は、あきらかに「国」にあるということを言いたい。

 ついでに最後に、忘れてはならないのは「国の責任=国民の責任」ということ。「民主主義制度」の中では、有権者が国を創る主役であり担い手である。メディアに踊らされて東電批判ばかりしていては全く意味が無いということを私は本稿の最後に訴えたい。

 以下活動写真です。

001_convert_20120624171458.jpg
京都三区の支部長宮崎謙介さんと昼御飯を一緒に食べました。(場所:びっくりドンキー)

HOPE23-1_convert_20120624171349.jpg
武藤貴也を支えるサークル「HOPE23」の定例幹事会を行いました。

hope2_convert_20120624171411.jpg
政局と北方領土について勉強、意見交換をしました。

hope3_convert_20120624171423.jpg
もちろん今後の具体的な選挙対策についても話し合いました。

eirei_convert_20120624170950.jpg
靖国神社への首相の公式参拝などの活動を行ってきた「英霊に応える会」滋賀県本部の総会に出席してきました。政治家は誰も来ていませんでした。残念です。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

武藤貴也(むとうたかや)

Author:武藤貴也(むとうたかや)
昭和54年5月25日、北海道釧路市生まれ。血液型O型。東京外国語大学卒業、京都大学大学院修了(専門は外交・安全保障・国際法)。平成21年「全国公募」で自民党滋賀県第四選挙区支部長に選ばれ、平成24年第46回衆議院議員総選挙で初当選。外務委員会・安全保障委員会所属。麻生派(為公会)。近江八幡市在住。

*滋賀県第四選挙区(東近江市、近江八幡市、甲賀市、湖南市、日野町、竜王町)

国会事務所:
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館601号室
TEL:03-3508-7126
FAX:03-3508-3419

滋賀県近江八幡事務所:
滋賀県近江八幡市長福寺町325-4
TEL:0748-38-0610
FAX:0748-38-0612
mutou.takaya@gmail.com
office@mutou-takaya.com

滋賀県甲賀事務所:
滋賀県甲賀市水口町本町3丁目2428-1
TEL:0748-65-6610
FAX:0748-65-6612


●むとう貴也の基本理念
国家の自立
地方の自立
個人の自立

●むとう貴也の政治信条
一、新しい時代を創る情熱と勇気を持つこと。
一、守るべきものを守る強い信念を持つこと。
一、弱者・敗者を助ける優しさを持つこと。
一、夢と希望を忘れない心を持つこと。
一、正直・誠実・勤勉な姿勢を忘れないこと。

●むとう貴也の「理念・政策ビラ」がこちらでご覧になれます!(クリックして下さい)
    ↓↓↓↓
   「政策ビラ

SNS

Mutou Takaya

バナーを作成

お勧め動画「凛として愛」

日本近現代史を簡単に学べます。

お薦め動画 「日米開戦の裏」



真珠湾攻撃前に米国が日本を攻撃していた事実。

お勧め動画「東京裁判」

東京裁判の実体を垣間見れます。

カテゴリ

時事 (42)
理念 (6)
憲法 (2)
外交・安保 (5)
思想 (4)
歴史 (4)
経済 (4)
原発 (6)
外国人参政権 (1)
教育 (2)
沖縄 (3)
北方領土 (1)
尖閣諸島 (2)
領土問題 (1)
統治機構改革 (1)
TPP (1)
東日本大震災 (1)
一票の格差問題 (2)
ワクチン問題 (1)
参議院改革 (1)
治水政策 (1)
政治思想 (1)
ODA (0)
報告・お知らせ (27)
その他 (6)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

むとう貴也からのお願い

【ポスターの掲示をお願いします】ご自宅や会社の塀、駐車場のフェンス・畑など空いているスペースをお貸し下さい。 サイズは長さ85cm×幅60cmです。 【後援会員募集】武藤貴也を応援して下さる方を募っております。 イベントや報告会など行事予定のお知らせ等をご案内させていただきます。 【ボランティア募集】ポスター張りやビラの配布等お手伝いいただける方。 武藤貴也サポーターとして登録させていただきます。 【ミニ集会の開催をお願いします】近所・職場・サークル等、何でも結構です。お集まりに是非お声掛け下さい。企画して頂いても結構です。 少人数でもお伺いさせていただきます。私の志を聞いて下さい。また、皆様のご意見を聞かせて下さい。 【自由民主党員募集】自由民主党滋賀県第四選挙区支部では、自由民主党の党員を募集しております。2年(総裁選挙の前年・前々年)継続して党費を納めていただいた党員は、総裁選挙の有権者となります。 【カンパをお願いします】地盤看板カバンを持たない候補として努力しています。私の政治活動に対し、カンパをよろしくお願い致します。頂いた献金は大切に使わせて頂きます。 上記、ご協力頂ける方はご連絡下さい。 むとう貴也事務所: 滋賀県近江八幡市千僧供263 連絡先: 0748-38-0610, 0748-38-0612(FAX), mutou.takaya@gmail.com

お勧め本

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア



フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。