加工1

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車体課税は廃止するのが筋 - 2013.01.27 Sun

 今、自民党内で「自動車取得税」と「自動車重量税」の廃止についての議論を行っている。私も数回に渡り自民党の税制調査会に出席し、この議論に参加させて頂いた。税制改正の重要な局面なので、会議でも発言したが、ここでも私の意見を書いておく。

 結論から言って、私の考えはこの二税については廃止すべきという立場を取るが、まず各界の意見を簡単にまとめておく。

 自動車関連諸団体は「日本の車体課税は国際的に重すぎる」「消費税と合わせて二重課税だ」「当分の間の税率と言っておきながら、課税期間が長すぎる」などという理由で、二税の廃止を訴えている。

 一方、地方自治体は「二税が廃止になったら地方税財源が減少する」「道路予算が無くなる」という理由で存続、もしくは廃止の場合は代替税財源を求めている。

 両者の意見が真っ向から対立しているわけだ。

 実は今この議論が盛んに行われるようになった背景には消費税増税がある。1997年4月に消費税率を3%から5%に上げた際には、増税前の駆け込み需要の反動もあって、新車販売台数が前年度比約15%減の332万台まで減少した(101万台減)。従って自動車業界は8%への消費税増税に伴う売上の減少を危惧し、増税前に車体課税を廃止するよう訴えているわけだ。

 加えて、昨年行われた衆議院総選挙で自民党が「政権公約Jファイル2012」で当該税制の見直しを公言していた。自民党の公約には次のようにある。「自動車関係諸税については、国及び地方を通じた関連税制のあり方を総合的に見直します。 安定的な財源の確保、地方財政への配慮の上に、簡素化、負担の軽減及びグリーン化の観点から、税制のあり方及び暫定税率を含む税率のあり方を総合的に見直し、自動車取得税及び自動車重量税について廃止を含め、負担軽減の方向で検討し、消費税率の8%への引上げ時までに結論を出します。」

 公約で車体課税について「総合的に見直す」と公言しておいて、「見直した結果何も変わらなかった」のでは政権交代の意味がないといわれても仕方ない。あるいは自民党が野党時代繰り返し民主党に対して主張した「公約違反」の誹りを免れないであろう。

 さて、この二税について私はやはり廃止しなければならないと考えている。なぜならば、課税目的が変わったからである。もともとこの「自動車取得税」と「自動車重量税」は「道路特定財源」であり、道路の建設・維持・管理のための税財源という名目で、自動車ユーザーに負担を求めて導入された。しかし、2009年「道路特定財源」が「一般財源」にされた。つまり道路の建設・維持・管理に限定されて使われなくなったのである。そうなれば今度は、例えば医療や福祉や教育、あるいは農業などに使う税金負担を自動車ユーザーに求めるのはおかしいという理屈になる。「道路に使う」といって徴収しておいて、いつの間にか使途が変わっていたのでは「詐欺」と言われても仕方がない。従って一般財源化されたのであるから、廃止するのが筋だと私は考える。

 地方六団体はそれに対して「地方の財源が減る」と主張するが、それなら自動車ユーザー以外からの税財源を提案するなり、やはり「道路特定財源」に戻すべきだという主張をするべきだ。それに言及せず、ただただ維持を求めるのは建設的とは言えない。

確かに地方の道路の建設・維持に関する要望が多いのは、私も十分わかっている。道路だけではない、あらゆる要望に十分応えるだけの予算がないことも事実だろう。しかしだからと言って、今のままの自動車ユーザーに負担をかける現税制を維持すべきだというのは筋が通らない。

 一方で仮に「道路特定財源」に戻すとなると、今度はマスコミが「旧態依然とした自民党体質の復活」と報じるのも確かだろう。現に今、維新の会と民主党が「道路特定財源の復活反対」と様々な場面で主張している。しかし、それなら両会派はどのように道路財源を捻出しようというのか。「是々非々で行く建設的な野党」を標榜するのであれば、維新も民主も対案をしっかり出すべきではないか。

私は「道路特定財源」について別段悪い税制度だと思っていない。悪いのは道路建設をめぐる「政官業の癒着」や「利権構造」であって、道路の建設・維持・管理事業そのものは悪ではない。本質的な議論が行われず、「道路特定財源の復活はダメだが道路の予算は必要」という意味のないポピュリズムがまた横行するのを危惧する。

いずれにせよ消費税の増税、並びに経済成長での税収増を目指し、知恵を絞って車体課税については廃止するべきだと私は思っている。

自民党は、あくまでも「国民の利益は何か」という観点で税制改革を進めなければならない。




スポンサーサイト

経済再生と同時に国防を議論せよ。 - 2013.01.16 Wed

 皆様、あけましておめでとうございます。昨年は色々と大変お世話になりました。当選させて頂いてから行事が続き、サイトを更新できておらず大変申し訳なく思っています。これからは時間を見つけてなるべく更新しますので、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

 さて、安倍新政権が発足して一か月足らず。株価は上がり、円安も進んだ。期待値が経済を好転させているようだ。それもそのはず、安倍新政権は昨年の衆議院選挙の際から「経済の再生」というテーマに焦点を当て、繰り返し繰り返し訴えてきた。それは国民の期待が、まずは「景気を良くすること」にあるからに他ならない。

 確かに経済は大切だ。期待だけではなく、実際景気を向上させることが今後の政権にとって最も大切な課題であることは間違いない。景気が良くなることで、国民の生活は豊かになり、子育て環境も整い、少子化も解消の方向に進む。少子化が解消されれば、福祉や医療の問題も解決する。現役世代が増えれば税収増に繋がるからだ。そういう意味で経済は全ての要になる分野である。

 しかし、一方で日本が経済政策に専念するのを横目に、隣国中国の不穏な動きが始まっている。

 1月14日中国の人民解放軍を指揮する参謀本部は全軍隊に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出した。また新聞報道によれば、中国国営中央テレビ(CCTV)などの官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送しているという。

 専門家によれば、習近平総書記が、昨年11月に胡錦濤国家主席率いる派閥に奪われた政治的主導権を取り戻そうと、軍内の保守派と連携して日本との軍事的緊張を高め、自身の求心力を高めようとしているという分析をしている。

 しかし別の専門家は沖縄・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、その準備と雰囲気づくりに着手し始めた可能性があるという分析をしている。

 おそらく両方が真実だろう。

 そうであるならば、日本は経済政策と同時に安全保障の議論もしっかり行っておく必要がある。仮に今年、尖閣諸島で軍事衝突が起こればどうなるか。

 今の安全保障体制で日本は安全だとは到底言えない。そもそも米国が中国の核の恫喝に耐え、米国民の血を流してまで日本を守るとは考えられない。自民党が政権を奪還したのであるから、急ピッチで「自主防衛」の議論を進めなければならない。これは選挙の際の自民党の公約の一つでもある。

 私もまだまだ当選させて頂いたばかりだが、しっかりと議論を行っていきたいと思う。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

武藤貴也(むとうたかや)

Author:武藤貴也(むとうたかや)
昭和54年5月25日、北海道釧路市生まれ。血液型O型。東京外国語大学卒業、京都大学大学院修了(専門は外交・安全保障・国際法)。平成21年「全国公募」で自民党滋賀県第四選挙区支部長に選ばれ、平成24年第46回衆議院議員総選挙で初当選。外務委員会・安全保障委員会所属。麻生派(為公会)。近江八幡市在住。

*滋賀県第四選挙区(東近江市、近江八幡市、甲賀市、湖南市、日野町、竜王町)

国会事務所:
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館601号室
TEL:03-3508-7126
FAX:03-3508-3419

滋賀県近江八幡事務所:
滋賀県近江八幡市長福寺町325-4
TEL:0748-38-0610
FAX:0748-38-0612
mutou.takaya@gmail.com
office@mutou-takaya.com

滋賀県甲賀事務所:
滋賀県甲賀市水口町本町3丁目2428-1
TEL:0748-65-6610
FAX:0748-65-6612


●むとう貴也の基本理念
国家の自立
地方の自立
個人の自立

●むとう貴也の政治信条
一、新しい時代を創る情熱と勇気を持つこと。
一、守るべきものを守る強い信念を持つこと。
一、弱者・敗者を助ける優しさを持つこと。
一、夢と希望を忘れない心を持つこと。
一、正直・誠実・勤勉な姿勢を忘れないこと。

●むとう貴也の「理念・政策ビラ」がこちらでご覧になれます!(クリックして下さい)
    ↓↓↓↓
   「政策ビラ

SNS

Mutou Takaya

バナーを作成

お勧め動画「凛として愛」

日本近現代史を簡単に学べます。

お薦め動画 「日米開戦の裏」



真珠湾攻撃前に米国が日本を攻撃していた事実。

お勧め動画「東京裁判」

東京裁判の実体を垣間見れます。

カテゴリ

時事 (42)
理念 (6)
憲法 (2)
外交・安保 (5)
思想 (4)
歴史 (4)
経済 (4)
原発 (6)
外国人参政権 (1)
教育 (2)
沖縄 (3)
北方領土 (1)
尖閣諸島 (2)
領土問題 (1)
統治機構改革 (1)
TPP (1)
東日本大震災 (1)
一票の格差問題 (2)
ワクチン問題 (1)
参議院改革 (1)
治水政策 (1)
政治思想 (1)
ODA (0)
報告・お知らせ (27)
その他 (6)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

むとう貴也からのお願い

【ポスターの掲示をお願いします】ご自宅や会社の塀、駐車場のフェンス・畑など空いているスペースをお貸し下さい。 サイズは長さ85cm×幅60cmです。 【後援会員募集】武藤貴也を応援して下さる方を募っております。 イベントや報告会など行事予定のお知らせ等をご案内させていただきます。 【ボランティア募集】ポスター張りやビラの配布等お手伝いいただける方。 武藤貴也サポーターとして登録させていただきます。 【ミニ集会の開催をお願いします】近所・職場・サークル等、何でも結構です。お集まりに是非お声掛け下さい。企画して頂いても結構です。 少人数でもお伺いさせていただきます。私の志を聞いて下さい。また、皆様のご意見を聞かせて下さい。 【自由民主党員募集】自由民主党滋賀県第四選挙区支部では、自由民主党の党員を募集しております。2年(総裁選挙の前年・前々年)継続して党費を納めていただいた党員は、総裁選挙の有権者となります。 【カンパをお願いします】地盤看板カバンを持たない候補として努力しています。私の政治活動に対し、カンパをよろしくお願い致します。頂いた献金は大切に使わせて頂きます。 上記、ご協力頂ける方はご連絡下さい。 むとう貴也事務所: 滋賀県近江八幡市千僧供263 連絡先: 0748-38-0610, 0748-38-0612(FAX), mutou.takaya@gmail.com

お勧め本

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア



フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。