加工1

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉のまやかしは、またも外交敗北を招く - 2012.08.26 Sun

 竹島問題に関する政府やマスコミの対応を見ているとまたもや「言葉のまやかし」が目立つ。正直言って、「外交的に」これでは「毅然とした対応」をとっているとは到底言えない。ここで更に「弱腰外交」を積み重ねれば、今民主党政権が進めようとしているロシアとの「北方領土外交」にも悪影響を与えるだろう。

 「言葉のまやかし」について、まず民主党政府は「駐韓大使を一時帰国させる」と繰り返し言っているが、「一時帰国」させても意味が無い。外交的に抗議の意思を示すためには「召還」という言葉を使わなければならない。

 また民主党政府は「国際司法裁判所への提訴を含む、国際法に基づく紛争の平和的解決のための措置を検討したい」と言っている。一見正しそうに見えるこの声明は、よく見ると最後が「検討したい」となっており、これでは正直言って全く強いメッセージにならない。当然「措置を検討したい」では無く「あらゆる措置をとる」と断言しなければならない。いくら「検討」しても何の効果も無いからだ。

 マスコミの表現も酷い。

 竹島について各社は次のように記述している。
・「領有権をめぐり日韓で対立が続く竹島」(読売新聞)
・「日韓両国が領有権を主張する竹島」(朝日新聞)
・「日韓両国が領有権を主張し韓国が実効支配する島根県の竹島」(毎日新聞)
・「日本と韓国の双方が領有権を主張する竹島」(日経新聞)
・「日本固有の領土で韓国が不法占拠している竹島」(産経新聞)

 産経新聞以外、文章を読んでも竹島が日韓どちらの領土なのかさっぱり分からない。「公平性」を担保するというのなら「法と正義」に照らし合わせた「公平性」を担保すべきではないか。一体マスコミの「公平性」の基準はどこにあるのか問いたい。これではマスコミも諸外国に誤ったメッセージを伝えるのに協力しているだけだ。

 それから私は「実効支配」という言葉の使用は全くもっておかしいと思う。国際法上、「国家」は「領域(領土、領海、領空)・人民(定住する国民)・権力(実効支配する政府)」という三つの要素で構成される。このことはつまり「実効支配」して始めて、文字通りその国の「領土」となることを意味する。従って韓国が「実効支配」していると宣言することは、「竹島は韓国の領土です」と言わんばかりである。

 また「不法占拠」という言葉も外交上非常に「遠慮」に満ちている。政府が本気で国際的に「韓国の不正」を訴えようとするのなら、「侵略」という言葉をしつこく使うべきではないか。「侵略」とは「国際法上、ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと」を指す。従って韓国が竹島で行っているのは紛れも無く国際法上の「侵略」に該当する。

 民主党政府の声明は全て、国民には毅然とした対応をとるかに見せかけ、しかし外交的には非常に「弱腰」な対応をしている。このような態度を続ければ、諸外国にまたもや誤ったメッセージを送り続けることになる。

 そしてその延長線上で今、民主党政権は名誉挽回を目指しロシアとの「北方領土交渉」に意欲を見せている。しかしその内容は今まで以上に「弱腰外交」そのものだ。

 24日玄葉光一郎外相は参院予算委員会で「交渉が行われている領土問題とそうでない問題は、表現に相違があっても構わない」と述べ、韓国に関しては李明博大統領の竹島上陸を機に「不法占拠」と批判したが、北方領土については「法的根拠のない形で占拠されているとあえて言う」と述べた。そして同日外務省は、外相の発言に呼応するように、「北方領土在住のロシア人支援事業として、色丹、国後両島の患者4人を27日から北海道根室、釧路両市の病院で受け入れる」と発表した。もちろんこの背景には、韓国への対応との違いを際立たせることで、ロシアの前向きな姿勢を引き出したい思惑があるのだろう。

 しかしこれでは北方領土も「敗北外交」を重ねるのは必至である。ロシアが黙っていても日本は勝手に北方領土への「医療的援助」を表明するくらいであるから、ロシアが望む「シベリア開発への資金援助」もむしりとられ、そして結局北方領土は帰ってこないという今までの構図が目に見えている。

 「親切心」を示してもロシアは足元を見るだけだ。中国・韓国の行動からそれを十分に学ぶべきだ。中国・韓国への本当の意味での毅然とした対応こそが、ロシアとの交渉を成り立たせる最低条件となるのではないか。

 野田総理は24日開かれた異例の記者会見で「わが国の領土を守るため私自身が先頭に立つ」と述べたが、真剣に日本を守る覚悟で外交を立て直そうとするのであれば、まず「言葉のまやかし」はもうやめるべきだ。

 そう言えば、防衛の専門家である森本敏氏が同じ閣内にいるのに、氏は一体何をしているのだろうか。


 報告:毎日の活動報告は、「FACE BOOK」 でさせて頂いております。報告のみならず色々なことを記していますので、どうぞそちらもご覧下さい。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mutoutakaya.blog65.fc2.com/tb.php/105-b207457d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平和を望むなら、戦争に備えよ «  | BLOG TOP |  » 抹消したはずだった「日本精神」。

プロフィール

武藤貴也(むとうたかや)

Author:武藤貴也(むとうたかや)
昭和54年5月25日、北海道釧路市生まれ。血液型O型。東京外国語大学卒業、京都大学大学院修了(専門は外交・安全保障・国際法)。平成21年「全国公募」で自民党滋賀県第四選挙区支部長に選ばれ、平成24年第46回衆議院議員総選挙で初当選。外務委員会・安全保障委員会所属。麻生派(為公会)。近江八幡市在住。

*滋賀県第四選挙区(東近江市、近江八幡市、甲賀市、湖南市、日野町、竜王町)

国会事務所:
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館601号室
TEL:03-3508-7126
FAX:03-3508-3419

滋賀県近江八幡事務所:
滋賀県近江八幡市長福寺町325-4
TEL:0748-38-0610
FAX:0748-38-0612
mutou.takaya@gmail.com
office@mutou-takaya.com

滋賀県甲賀事務所:
滋賀県甲賀市水口町本町3丁目2428-1
TEL:0748-65-6610
FAX:0748-65-6612


●むとう貴也の基本理念
国家の自立
地方の自立
個人の自立

●むとう貴也の政治信条
一、新しい時代を創る情熱と勇気を持つこと。
一、守るべきものを守る強い信念を持つこと。
一、弱者・敗者を助ける優しさを持つこと。
一、夢と希望を忘れない心を持つこと。
一、正直・誠実・勤勉な姿勢を忘れないこと。

●むとう貴也の「理念・政策ビラ」がこちらでご覧になれます!(クリックして下さい)
    ↓↓↓↓
   「政策ビラ

SNS

Mutou Takaya

バナーを作成

お勧め動画「凛として愛」

日本近現代史を簡単に学べます。

お薦め動画 「日米開戦の裏」



真珠湾攻撃前に米国が日本を攻撃していた事実。

お勧め動画「東京裁判」

東京裁判の実体を垣間見れます。

カテゴリ

時事 (42)
理念 (6)
憲法 (2)
外交・安保 (5)
思想 (4)
歴史 (4)
経済 (4)
原発 (6)
外国人参政権 (1)
教育 (2)
沖縄 (3)
北方領土 (1)
尖閣諸島 (2)
領土問題 (1)
統治機構改革 (1)
TPP (1)
東日本大震災 (1)
一票の格差問題 (2)
ワクチン問題 (1)
参議院改革 (1)
治水政策 (1)
政治思想 (1)
ODA (0)
報告・お知らせ (27)
その他 (6)

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

むとう貴也からのお願い

【ポスターの掲示をお願いします】ご自宅や会社の塀、駐車場のフェンス・畑など空いているスペースをお貸し下さい。 サイズは長さ85cm×幅60cmです。 【後援会員募集】武藤貴也を応援して下さる方を募っております。 イベントや報告会など行事予定のお知らせ等をご案内させていただきます。 【ボランティア募集】ポスター張りやビラの配布等お手伝いいただける方。 武藤貴也サポーターとして登録させていただきます。 【ミニ集会の開催をお願いします】近所・職場・サークル等、何でも結構です。お集まりに是非お声掛け下さい。企画して頂いても結構です。 少人数でもお伺いさせていただきます。私の志を聞いて下さい。また、皆様のご意見を聞かせて下さい。 【自由民主党員募集】自由民主党滋賀県第四選挙区支部では、自由民主党の党員を募集しております。2年(総裁選挙の前年・前々年)継続して党費を納めていただいた党員は、総裁選挙の有権者となります。 【カンパをお願いします】地盤看板カバンを持たない候補として努力しています。私の政治活動に対し、カンパをよろしくお願い致します。頂いた献金は大切に使わせて頂きます。 上記、ご協力頂ける方はご連絡下さい。 むとう貴也事務所: 滋賀県近江八幡市千僧供263 連絡先: 0748-38-0610, 0748-38-0612(FAX), mutou.takaya@gmail.com

お勧め本

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア



フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。